不安な母を支えてくれる、武蔵村山の看護師さん

私は結婚をしてから横浜に住んでいます。
去年、武蔵村山市の実家を出ました。
今は両親と離れて暮らしているのですが、実家の母親が最近、メールがなんだか元気が無かったり、電話をかけても出てくれなかったりで様子がおかしいと思っていたら、最近眠れなくて、頭もボーっとするので、心療内科に行ってきたという連絡が来ました。
昔、私が人間関係に悩んでいて心療内科に行くことになったときには、心療内科のことをあまりよく思っていなかった母親なのですが、そんな母親が心療内科に行くことになるくらいなので、相当、精神的に参っているんだなと思います。

眠れないということなので、眠れるという薬を処方されているみたいです。
ただ、その薬を処方されると、車の運転は危ないからということで、薬を飲んでいる間は、車の運転を禁止されてしまいました。

私の両親がすんでいるのは武蔵村山市の中でもかなり山間の田舎のほうなので、車がないと生活がなかなか大変です。
母親自身も車の運転を禁止されて、このまま車の運転ができなくなるのではないだろうかとまた、心配事が増えてしまったみたいです。

薬を処方されて一日目は眠れたらしいのですが、次の日からは少し眠りが浅くなってしまったみたいです。
いつまで今の状態が続くのか分かりませんが、心療内科に通いながら、本人が今何で悩んでいるのかというのを取り除いていかないと、いつまで経っても状況は変わらないだろうなと思います。

私自身が毎日母親を見れるわけではないので、状況が分からなくて不安な部分もありますが、心療内科の先生を私も知っているので、その先生を信じて、母親が早く元気になってくれることを祈るばかりです。

心療内科というのは、他の病院と違って、先生との相性というのもあると思うので、今後、先生とうまく信頼関係が築いていければいいなと思っています。
母親から聞く話によると、その精神科の看護師さんは実家の近くに住んでいるという境遇もあり、とても仲良くなって通うのが楽しくなっているんだそう。
<<看護師求人武蔵村山>>

精神科ということで少し不安ですが、親しくなった看護師さんもいるし、私自身も気持ちをしっかりと持って、母親を支えられるようにがんばりたいなと思っています。
今度、時間を合わせて、心療内科に私も付いていけるようにできたらいいなと思っています。

Posted in blog by shinashi